カンボジアの技能実習生

subpage01

カンボジアの外国人技能実習制度ですが、プロキャストカンボジアという政府に認定されている実習生の送り出し機関があります。


プロキャストカンボジアは技能実習生、外国人研修生の送り出しをしている機関になります。


カンボジアに本社をおいていますが、日本駐在所は名古屋市が本社、大阪市と新宿区にも拠点があります。

最近のカンボジアの技能実習生のサイトが登場しました。

日本事務所は日本人が対応します。
ただ送り出しをしている機関ではなく、社員の中には日本語教師がいて、20歳から29歳の若い候補者の中から、語学研修はもちろんのこと、技術教育などを行い技能実習生のサポート体制が整っています。
カンボジア政府に認定されている日本向けの送り出し機関になります。


技能実習生を実際に送り出すまでには、少人数制の300時間以上の研修を行っています。

来日時にはすぐに研修の成果を発揮できるようなしっかりとしたカリキュラムを組んでいます。


厳しい基準をクリアした人材のみを紹介するシステムをとっています。



そもそも外国人技能実習生とは、開発発展途上国などの人材の育成をおこなうために、先進国の進んだ技術や技能や知識を習得させようとするために始まった事業になります。諸外国の労働者を一定期間、各産業界に受け入れをして、産業上の技術を習得してもらう仕組みです。
日本における国際協力の面や国際貢献の面でも重要な事業内容になっています。



受け入れる企業側では企業単独型と団体監理型の2パターンにわかれます。