カンボジア人技能実習生の接し方のコツ

main-img

これまで多くの企業が外国人技能実習生として中国人やベトナム人、フィリピン人を受け入れてきました。近年はこれらの国に加えて、カンボジア人の技能実習生が注目されています。カンボジアは仏教徒の国で、国民性の点で日本人とよく似ている面があります。それでも国が違えば文化が異なるので、外国人との接し方や環境作りをする必要があります。

カンボジアの技能実習生における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

カンボジア人は基本的に真面目で、温厚、穏やかな性格の人が多いです。



中国人や韓国人のように自分の権利を強く主張することはせず、協調性が高い国民です。

仏教徒の国なので親や年長者を敬い、波風を立てるのを嫌い、他人に恥をかかせる事を好まない文化があります。



これらに加えて素朴で純粋な性格の人が多いという特徴もあります。

協調性が高くて波風を立てるのを嫌うという国民性はメリットでもありデメリットにもなります。
カンボジア人は事なかれ主義的な面があるので、何らかのトラブルが生じた際も報告せずに問題を抱え込んでしまう場合があります。実習内容によっては危険な作業を伴う場合があります。場合によっては小さなトラブルがきっかけとなり、大きな事故に繋がることもあります。
そのため、何か気になる点があった場合には気兼ねなく報告ができるように開放的な雰囲気作りが必要です。規律が厳しくて自由にモノを言えない雰囲気にしないように注意しましょう。


さらに他人に恥をかかせることや、恥をかかされることを嫌うので、人前で注意したり叱ったりしないようにしましょう。


カンボジア人は日本人との共通点が多いので、初めて外国人技能実習生を受け入れる会社に一番おすすめです。

難しくないカンボジアの技能実習生

subpage01

これまで多くの日本企業は人材確保のために中国人の技能実習生を受け入れてきました。ところが中国の経済発展に伴う人件費の高騰により、実習生として優秀な人材を確保することが難しくなってきました。...

more

カンボジアの技能実習生の話

subpage02

長年内戦が続いていたために30代以上の人口が極端に少なく、経済発展が遅れてしまったカンボジア。しかし内戦が終結し、現在人口の5割以上は24歳以下となっているこの国では、安価な人件費と経済特区制度により海外の企業が多く進出、急速な発展を始めています。...

more

初心者向きカンボジアの技能実習生

subpage03

大企業がカンボジアから技能実習生を招くと、話題になり仕事が増える、戦力として期待できるなどの長所が期待できます。おそらくですが、技能実習生を招いた人数が多かった時は、新聞やテレビで報道されると想定されます。...

more

人に言いたいカンボジアの技能実習生

subpage04

カンボジアの外国人技能実習制度ですが、プロキャストカンボジアという政府に認定されている実習生の送り出し機関があります。プロキャストカンボジアは技能実習生、外国人研修生の送り出しをしている機関になります。...

more